年間王者狙う松山英樹 パターの“浮気”はイップスの始まり

公開日:  更新日:

【ザ・ノーザントラスト 2日目】

 初日、4オーバーの102位と出遅れた松山英樹(25)は、2日目もパットに苦しみ通算3オーバーで予選落ちした。

 松山は練習ラウンドで5本のパターを使い、会場で話題になった。結局、ブリヂストン招待と全米プロで使ったマレット型ではなく、エースのピン型で試合に臨んだ。開催コースのグリーンは米東海岸北部では珍しいポアナ芝。日本のコーライ芝のように目がきつく、転がりにスムーズさを欠くことから、いつも以上にパットに神経を使う。パターを替えたことには疑問が残るが、シーズン終盤に5本ものパターを試していることからもわかるように、松山は今もパッティングに苦しみ続けている。もしもパットがうまければ、最終日に1度は首位に立った先の全米プロにも勝っていたはずだ。

 グリーン上で苦戦していることは、1ラウンドあたりのパット貢献度を示す「ストロークス・ゲインド・パッティング」の数値(マイナス・167=146位*1位R・ファウラーは・896)に表れている。ちなみに、下部ツアーの入れ替え戦に回った石川遼のマイナス・204(149位)と大差なく、世界ランク2位にいる選手の数字ではない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  8. 8

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る