松山が試行錯誤 “よく入るパター”はマレット型かピン型か

公開日:

 優勝したBS招待、優勝を争った全米プロでマレット型パターを使用した松山英樹(25)は、プレーオフ初戦のノーザントラストではエースパターのピン型に戻して予選落ち。

 今週のデル・テクノロジー選手権(9月1日開幕)は練習ラウンドでマレット型、ピン型を試しており、実戦投入をどちらにするのか試行錯誤が続いている。

 パター機能がどう違うのかクラブデザイナーの高橋治氏がこう解説する。

「視覚的にマレット型のほうがフランジ(フェース後方の出っ張り)が大きく、ラインに対してスクエアに構えやすい。ただ重心深度がフェースから遠いため、ピン型と同じクランクネックでヘッドローテーションしやすい人はヘッドがかぶりやすく引っ掛けのミスが出やすい。ピン型は対照的に引っ掛けのミスが少ないが、ラインにスクエアに構えづらい。スクエアに構えられず、ストローク重視のパッティングならマレット型、引っ掛けのミスを嫌い、インパクト重視のパッティングならピン型が合っています」

 つまりパター性能は真逆であり、グリーン上で繊細なパットが強いられている松山の悩みの深さがよくわかる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る