掛布二軍監督退任騒動の“元凶”はフロントの調整力のなさ

公開日:

 前年の4位から躍進したのが2年目の金本知憲監督(49)率いる阪神だ。25日現在、リーグ2位。CS進出をほぼ確実なものにしている。若手の成長は大きいが、彼らを育てた掛布雅之二軍監督(62)の退任騒動を憂えるのが元阪神球団社長の野﨑勝義氏(75)だ。

■「世代交代の必然性がない」

 掛布二軍監督が今季限りで退任すると聞き、阪神タイガースはフロントと現場が一枚岩ではないように感じました。

 四藤球団社長は「世代交代」と言っていますけど、成果が出ていることは認めています。それならば、たった2年で世代交代しなければならない必然性がありません。

 根本的な原因は金本監督との指導方針の違いだそうです。筋力トレーニングや素振りを課して若手をビシビシ鍛える金本監督に対し、掛布二軍監督は若手をノビノビと育てる方針だったといいます。2人の対立というか、価値観の相違が表面化した決定的な事件があったとも聞きました。それが原因で、全権を託された金本監督が断を下したともいわれています。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る