• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

若虎台頭も…金本監督“広島流チーム作り”ができない根拠

 阪神・金本監督の理想とするチームは、いまの広島だという。

 広島に田中、菊池、丸、鈴木……走攻守3拍子そろった生え抜きの野手がごまんといるのは「ドラフトと育成」が機能しているからだ。

 金本監督が就任して2年目。若手にウエートトレや猛練習を課して、徐々にだがチームは変わりつつある。

 その代表が18日に自身初の20号本塁打を放った7年目の中谷将大(24)だろう。金本監督は中谷に関して「取り組む姿勢を変えれば、もっとやれるはず。そこは彼次第」と言ったが、それなら中谷は今後30本、40本と打てる選手になるか。阪神から菊池や鈴木みたいな選手が出てくるようになるのか。

「難しいでしょう」と球界関係者がこう続ける。

「鍛え方次第で、選手はある程度、持てる力を発揮できるようにはなる。けれども、金本監督が言うように最終的には本人の意思次第。やらされているのではなく、本人がその気にならないと壁は破れませんよ。そこへいくと阪神には、芽を出しかけた若手が育ちづらい土壌がある。すぐにタニマチやひいき筋がチヤホヤするし、球団の周辺にも選手を甘やかすのがいますから」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る