SB工藤監督 CS戦力外のベテラン起用は“天日干し”にあらず

公開日:

 キャンプの練習試合のようだった。1日、オリックスとの投手戦を制したソフトバンク。しかし、その内容は、先発のディクソンが120球を熱投したオリックスとは対照的だった。

 先発の石川(25)が3イニング、摂津(35)3イニング、中田(35)2イニングとつなげ、最後はサファテが締めた。

 CSでは中継ぎ待機が予定されている石川はともかく、中田はCSではほぼ戦力外。摂津に至っては今季7試合目の登板で、2年ぶりの優勝にはほとんど貢献していない。出場機会のない選手をまとめて天日干し……という余裕は今のソフトバンクにはない。終盤戦に入ってから森、嘉弥真、五十嵐らが救援失敗を繰り返し、工藤監督も「ここで使えない人間はCSで使わない」とおかんむりだ。

 発言の半分はレギュラーに対する叱咤にせよ、残り半分は本音ではないか。摂津、中田という両ベテランの中継ぎ起用は、リリーフ陣の尻を叩くだけが目的ではあるまい。当たり前だが、CS敗退なら日本シリーズは水の泡。それでは、V逸で日本シリーズ出場を逃した昨季と大差はない。

 工藤監督のムチは、いよいよ激しさを増すことになりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  2. 2

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  3. 3

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  4. 4

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  5. 5

    後輩芸人と絶縁宣言で浮き彫りに JOYとユージの好感度の差

  6. 6

    石崎ひゅーいとは破局か “共演者キラー”蒼井優の次の相手

  7. 7

    動くとビキニが…水原希子“透け映えコーデ”に会場クギづけ

  8. 8

    「THE W」優勝 阿佐ヶ谷姉妹より受けていたのは滝沢カレン

  9. 9

    実は辺野古反対派 昭恵夫人「海を守りたい」思いはどこへ

  10. 10

    日産は会長人事見送り…ルノーに逆らえずクーデター大失敗

もっと見る