• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清宮との面談参加も…巨人が“外れ1位”で狙う即戦力左腕

 巨人は28日、ドラフト会議に向けたスカウト会議を開いた。高校通算111本塁打で去る25日にプロ志望届を提出した早実・清宮幸太郎(3年)との面談に参加することを確認。岡崎スカウト部長は「聞かれることに対して準備はしないといけない。社長やGMも出る可能性はある」と腕まくりした。同部長は1位指名候補について「まだ決まっていない」としたが、もちろん清宮は筆頭候補である。

 現在、清宮の1位指名を公言しているのは阪神のみとはいえ、過去最多の8球団を超える可能性もある超目玉。「今年は清宮の抽選を外してからの外れ1位の人選がより大事になる」とパ・リーグ球団のスカウトがこう言った。

「1位で2球団以上が競合する可能性があるのは、清宮、広陵の中村、JR東日本の田嶋ら。巨人の外れ1位は、大学ナンバーワン左腕・立命大の東ではないかとみています。現段階のシミュレーションで、東は一本釣りで1位指名に踏み切る球団があるかないかといったところ。巨人は岡崎スカウト部長がゾッコンです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  3. 3

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  4. 4

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  5. 5

    党内からも驚き 安倍陣営が血道上げる地方議員“接待攻勢”

  6. 6

    大物2世タレントの彼は20歳上の私に「部屋に行きたい」と

  7. 7

    木村拓哉ラジオも終了…SMAP“完全消滅”の今後と5人の損得

  8. 8

    元SMAPのテレビCM「快進撃」の裏側…40代にして“新鮮味”も

  9. 9

    4年連続V逸確実で…巨人はFA入団組“在庫一掃”のオフに

  10. 10

    人気女優陣が拒否…木村拓哉ドラマ“ヒロイン選び”また難航

もっと見る