• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

結婚後初V 小平は二世誕生と米ツアー会員のどっちが先か

【トップ杯 東海クラシック】

「今回勝てれば、これから何勝もできるから大丈夫って、(妻の)美保が言っていました」

 ツアー通算5勝目を挙げた小平智(28)は笑顔でこう語った。

 15番のバーディーで首位の金亨成(37)とは2打差。その金が名物ホールの16番(パー3)で第1打をグリーン左下に落とし、まさかのトリプルボギー。「敵失」はあったにせよ、第1打を右に曲げた18番の冷静なプレーが勝利を引き寄せた。ティーショットの落下地点に行くとボールは「ラフにすっぽり入っていた」(小平)ため、第2打は無理せず池の手前に刻んだ。第3打はピンまで85ヤード。サンドウエッジでピン上1・5メートルへ。このパーパットを沈めて派手なガッツポーズを見せた。

 今回の優勝(賞金2200万円、通算8320万4213円)で賞金ランクのトップに立った小平は、優勝会見で今後の夢について語った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  4. 4

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  7. 7

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  8. 8

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

もっと見る