• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

男子シニアは見応え十分 飛距離と技術も男子ツアーに劣らず

【ファンケル・クラシック 最終日】

「プレーオフはなかなか見応えがありましたね」

 ファンケル・クラシックをテレビ観戦した菅野徳雄氏(評論家)がこう言った。

 国内シニアツアー史上最多の5人によるプレーオフは、4人が3ホール目(18番・パー5)に入り、レギュラーツアー3勝の米山剛(52=写真)が第2打をピンそば30センチにつけてイーグルを奪い、シニアツアー3年目にして初優勝を手にした。

「(イーグルを取った第2打は)234ヤードのややアゲンスト。5Wでは大きいと思った。下りも入れて217ヤードぐらいだったので、4Uでフックに打ったらたまたまうまくいった。シニアになって優勝することが夢でしたし、目標でもあった。歴史あるファンケル・クラシックで優勝できたことは感無量です」(米山)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事