44歳片山のマッチプレーVが物語る 日本男子ツアーの現実

公開日:  更新日:

【ISPSハンダ マッチプレー選手権 最終日】

 片山晋呉(44)が決勝でH・W・リュー(36)を3アンド2で下して今季初、ツアー通算31勝目を挙げた。さらにツアー最高賞金5000万円を獲得して、前週までの賞金ランク70位から一気に4位へ浮上した。

 優勝のイーグルパットを決めた瞬間に腰が砕けたようにペタンと座り込み、両手でバンバンとグリーンをたたくなどマナーに問題アリ。会見は意気揚々だった。

「一番確率の低い試合で勝てたのは大きい。(マッチプレーは)競技時間が長く、回復力がある若い人が有利なのは間違いない。けさは自分ではできずにトレーナーに体をほぐしてもらった。30代ではなかった。そんな中で勝ち上がってこれたのでうれしい」(片山)

 最終日のギャラリー数はたった884人。累計でも2704人と少なく、テレビ中継はなくハイライト放送だけだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る