武闘派プレーで圧倒 畑岡“奈紗ちゃんブーム”巻き起こすか

公開日: 更新日:

【日本女子オープン】

 畑岡奈紗(18)が目標スコアの通算20アンダーに到達して、樋口久子(71・日本女子プロ協会相談役)以来、40年ぶりに大会連覇を遂げた。前週のミヤギテレビ杯との2戦連続優勝もあり、ダブル快挙だった。

 最終日はキム・ヘリム(28)、申ジエ(29)に2打差の13アンダー単独トップ発進。前半は4バーディー、1ボギーと3つ伸ばして通算16アンダーでターン。この時点で2位とは5打差だった。後半に入っても勢いが止まらず、4バーディーを奪って2位の申に8打差をつける圧勝だった。さらに2010年大会に宮里美香が出した最少ストローク記録(12アンダー)も大きく更新した。

 今大会はただひとり4日間とも60台で回り、平均ストロークが73.565と一番タフだった最終日に65のベストスコアをたたき出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    メジャー野球もチクリと イチロー引退会見で露呈した本音

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    「めちゃイケ」終了1年…雛形あきこと鈴木紗理奈の現在地

  4. 4

    作家・吉川潮氏が分析 イチロー引退会見で感じた“不快感”

  5. 5

    竹田JOC会長が仏当局の聴取に「黒塗り」報告書提出のア然

  6. 6

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  7. 7

    指導者に興味なしイチローにオリックス「オーナー」就任案

  8. 8

    洪水に襲われた農地に小型冷蔵庫!その中身に全米ホッコリ

  9. 9

    永野芽郁と本田翼が急伸 2019年"CM女王争い"に異変の兆し

  10. 10

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

もっと見る