武闘派プレーで圧倒 畑岡“奈紗ちゃんブーム”巻き起こすか

公開日:

【日本女子オープン】

 畑岡奈紗(18)が目標スコアの通算20アンダーに到達して、樋口久子(71・日本女子プロ協会相談役)以来、40年ぶりに大会連覇を遂げた。前週のミヤギテレビ杯との2戦連続優勝もあり、ダブル快挙だった。

 最終日はキム・ヘリム(28)、申ジエ(29)に2打差の13アンダー単独トップ発進。前半は4バーディー、1ボギーと3つ伸ばして通算16アンダーでターン。この時点で2位とは5打差だった。後半に入っても勢いが止まらず、4バーディーを奪って2位の申に8打差をつける圧勝だった。さらに2010年大会に宮里美香が出した最少ストローク記録(12アンダー)も大きく更新した。

 今大会はただひとり4日間とも60台で回り、平均ストロークが73.565と一番タフだった最終日に65のベストスコアをたたき出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    原発外交、領土交渉…自民党は3代目に身上をつぶされる

もっと見る