プロ最速初Vの畑岡奈紗は“日本3割”の未練を断ち切れるか

公開日:

【ミヤギテレビ杯ダンロップ女子 最終日】

 米ツアーを主戦場に戦ってきた畑岡奈紗が、今季日本ツアー4戦目で優勝した。64をマークした2日目に首位タイに並ぶと、最終日も65と2日連続のベストスコアで回り、2位に4打差をつける圧勝だった。

 18歳254日でのプロ初勝利は宮里藍(32)が持つ18歳262日を抜く史上最速記録だった。

 大会主催者と先ごろスポンサー契約を結んだばかりで、「ホステスプロとして頑張りたい」という目標を見事に果たしたわけだ。

 この優勝で畑岡には1年シードが与えられ、来季日本ツアー出場のためのクオリファイングトーナメント(QT)に出場する必要がなくなった。

 昨年同様に米ツアーQTに挑戦するか、が注目される。

「(米QTは)私だけで決められることではなく、両親とよく話し合ってから決めたい。(私の中では)米ツアー7割、日本ツアー3割。今シーズンは自分のゴルフがまったくできずに終わった。今日みたいなゴルフができれば、米ツアーでも戦えると思う」(畑岡)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    伊集院静氏が指摘 今の65歳から80歳が日本をダメにした

  2. 2

    小橋健太さんが明かす 先輩レスラーたちの凄まじい飲み方

  3. 3

    フジ月9「SUITS」 視聴率“2ケタ死守”ほぼ確定も残る不安

  4. 4

    月9「SUITS」で高評価 鈴木保奈美の豪華衣装と着こなし方

  5. 5

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  6. 6

    火野正平との醜聞が話題に 元祖バラドル小鹿みきさんは今

  7. 7

    中日から強奪は“吉”か 虎入り確実ガルシアに3つの懸念材料

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    銀シャリ鰻和弘が語る 父の借金で取り立て続いた少年時代

もっと見る