プロ最速初Vの畑岡奈紗は“日本3割”の未練を断ち切れるか

公開日: 更新日:

【ミヤギテレビ杯ダンロップ女子 最終日】

 米ツアーを主戦場に戦ってきた畑岡奈紗が、今季日本ツアー4戦目で優勝した。64をマークした2日目に首位タイに並ぶと、最終日も65と2日連続のベストスコアで回り、2位に4打差をつける圧勝だった。

 18歳254日でのプロ初勝利は宮里藍(32)が持つ18歳262日を抜く史上最速記録だった。

 大会主催者と先ごろスポンサー契約を結んだばかりで、「ホステスプロとして頑張りたい」という目標を見事に果たしたわけだ。

 この優勝で畑岡には1年シードが与えられ、来季日本ツアー出場のためのクオリファイングトーナメント(QT)に出場する必要がなくなった。

 昨年同様に米ツアーQTに挑戦するか、が注目される。

「(米QTは)私だけで決められることではなく、両親とよく話し合ってから決めたい。(私の中では)米ツアー7割、日本ツアー3割。今シーズンは自分のゴルフがまったくできずに終わった。今日みたいなゴルフができれば、米ツアーでも戦えると思う」(畑岡)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  2. 2

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  3. 3

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  6. 6

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  7. 7

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

  8. 8

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  9. 9

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  10. 10

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

もっと見る