今季さらに重責担う G村田真コーチに“根掘り葉掘り”密着

公開日: 更新日:

 2006年以来11年ぶりのBクラス4位に沈んだ巨人。クライマックスシリーズ出場を初めて逃す屈辱にまみれた。来季まで契約を残す高橋由伸監督(42)に代わり、退任の噂もあった村田真一ヘッドコーチ(53)はバッテリーコーチ兼任となって来季も残留。辞めるどころか仕事が増えたのはなぜか。主力の村田修一(36)のクビ、26日のドラフトで巨人が1位指名を示唆している早実の清宮幸太郎について、村田ヘッドに聞いた。

■「進退伺? 言う必要ないやろ!」

 ――シーズン終盤まで5番を打っていた村田修一がクビになりました。来季は大丈夫ですか?

「それをオレに聞くなよ! もちろん戦力的には痛いけど、球団が決めたことなんやから」

 ――そうは言いますが、高橋監督や村田ヘッドらの現場の意見も反映されますよね?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・原監督が気の毒になってきた…と思ったが気のせいか

  2. 2

    チェンがロッテを自由契約に 巨虎楽“金満”3球団で争奪戦

  3. 3

    阪神糸井が大減俸に 城島と“ポイ捨て”3選手の二の舞を危惧

  4. 4

    これが大手企業の平均給与ランキングだ!業界別に大調査

  5. 5

    阪神はオフも大惨敗…補強第1弾が巨人から“おこぼれ”頂戴

  6. 6

    中居正広にプロデューサーの才 児童書バカ売れで実力証明

  7. 7

    ネットで酷評…「麒麟がくる」門脇&堺“架空コンビ”の是非

  8. 8

    原巨人はDeNAソトも取り逃がす 補強“3連敗”スタートの不吉

  9. 9

    コロワイド会長も30億円騙された 「M資金」詐欺とは何か?

  10. 10

    吉沢亮「青天を衝け」の不安要素…「鎌倉殿」でトバッチリ

もっと見る