今季さらに重責担う G村田真コーチに“根掘り葉掘り”密着

公開日:

 2006年以来11年ぶりのBクラス4位に沈んだ巨人。クライマックスシリーズ出場を初めて逃す屈辱にまみれた。来季まで契約を残す高橋由伸監督(42)に代わり、退任の噂もあった村田真一ヘッドコーチ(53)はバッテリーコーチ兼任となって来季も残留。辞めるどころか仕事が増えたのはなぜか。主力の村田修一(36)のクビ、26日のドラフトで巨人が1位指名を示唆している早実の清宮幸太郎について、村田ヘッドに聞いた。

■「進退伺? 言う必要ないやろ!」

 ――シーズン終盤まで5番を打っていた村田修一がクビになりました。来季は大丈夫ですか?

「それをオレに聞くなよ! もちろん戦力的には痛いけど、球団が決めたことなんやから」

 ――そうは言いますが、高橋監督や村田ヘッドらの現場の意見も反映されますよね?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る