原辰徳氏“野球の伝道師”宣言に隠されたDeNA監督への野望

公開日:

 巨人前監督の原辰徳氏(59)が、11月にぺルーで開催される野球教室に国際協力機構(JICA)から総監督として派遣されることが昨19日、発表された。この野球教室は、ペルー日系人協会設立100周年を記念してのもの。原氏は、2010年から子ども向けの野球教室「ファンケル キッズベースボール」をスタートさせ、その一環でペルーに野球用具を寄贈していることなどから、白羽の矢が立った。

「ペルーに渡るのは初めて。いい種をまき、芽が出て、花が咲くようになれば。しっかりと野球を伝道していきたい」とは、都内のペルー大使館で会見した原氏。

 2015年限りで巨人監督を退任して以降、プロ野球界では表立った活動をしていない。巨人戦解説の仕事も数える程度。契約する日本テレビ関係者によれば、「仕事を選んでいるというか、あくせくせずに自分のペースで仕事をしたいという原さん側の意向」だという。趣味で玄人はだしのゴルフに熱を入れているそうなのだが、もちろんこのまま“隠居”するつもりはさらさらないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  9. 9

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る