DeNAが日本シリーズに王手 エース今永の救援起用ズバリ

公開日:

 プロ初のリリーフ登板は気迫十分だった。

 23日のCSファイナルステージ第4戦。DeNAの今永が1点リードの七回から登板。先発としてチーム最多の11勝を挙げた左腕は、2回を無安打3奪三振で勝利に貢献。3勝2敗とし、日本シリーズ進出に王手をかけた。2試合が雨天中止で流れ、ラミレス監督はローテを再編。エースを救援に回してブルペンを分厚くする勝負手が奏功した。

 今永は今季、自身の開幕戦となった4月4日の巨人戦で七回途中に左太もも裏をつり、緊急降板した。首脳陣は軽症を強調し、今季は年間を通じて一軍でプレーしたが、その裏でこんな出来事があった。横浜OBが言う。

「その試合後、主将の筒香が今永を自ら行きつけの治療院に連れて行き、ケアをさせたそうだ。大学4年時は左肩の腱板炎症で春のリーグ戦を離脱。1年間まともに投げていないことが影響し、新人だった昨季途中、疲労蓄積で抹消されている。軽症とはいえ、今永の軸足となる左足のケガは致命傷になりかねない。今永は無理をしてでもマウンドに上がるタイプです。筒香はそうした性格まで見越した上で、念を入れたのでしょう」

 ラミレス監督は「今永をベストのタイミングで使えた」と自画自賛。今永は「しっかり腕を振ることを意識した。第5戦は全員で勝つ」と意気込んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  9. 9

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る