ケガを抱えても無理を 清宮の強メンタルがプロではアダに

公開日:

 清宮幸太郎は早実時代、試合をほとんど休まなかった。

 3年間の公式戦は計70試合、練習試合を含めて198試合を行い、欠場はたったの2試合。ほぼ全試合を、「古傷」を抱えながらプレーし続けた。

 投手だった小学時代に右肩を痛め、中2の冬には腰を疲労骨折したこともある。

 1年夏の甲子園、九国大付戦の第1打席で、胸元の厳しい球を打った衝撃で左手親指を骨折。それでも直後に行われたU18、国体は強行出場し、そのU18では左膝も痛めた。

 高2のときはかつて痛めた右肩痛が再発したこともあり、センターへのコンバートを断念。古傷が多い分、清宮はしばしば治療院に通うなど体のケアにも時間を割いた。

■「テーピングで大丈夫」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  4. 4

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  5. 5

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  6. 6

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  10. 10

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

もっと見る