ケガを抱えても無理を 清宮の強メンタルがプロではアダに

公開日: 更新日:

 清宮幸太郎は早実時代、試合をほとんど休まなかった。

 3年間の公式戦は計70試合、練習試合を含めて198試合を行い、欠場はたったの2試合。ほぼ全試合を、「古傷」を抱えながらプレーし続けた。

 投手だった小学時代に右肩を痛め、中2の冬には腰を疲労骨折したこともある。

 1年夏の甲子園、九国大付戦の第1打席で、胸元の厳しい球を打った衝撃で左手親指を骨折。それでも直後に行われたU18、国体は強行出場し、そのU18では左膝も痛めた。

 高2のときはかつて痛めた右肩痛が再発したこともあり、センターへのコンバートを断念。古傷が多い分、清宮はしばしば治療院に通うなど体のケアにも時間を割いた。

■「テーピングで大丈夫」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  7. 7

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    ジャパンライフと政界、マスコミ、警察の結託…腐った構造

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る