ケガを抱えても無理を 清宮の強メンタルがプロではアダに

公開日:

 清宮幸太郎は早実時代、試合をほとんど休まなかった。

 3年間の公式戦は計70試合、練習試合を含めて198試合を行い、欠場はたったの2試合。ほぼ全試合を、「古傷」を抱えながらプレーし続けた。

 投手だった小学時代に右肩を痛め、中2の冬には腰を疲労骨折したこともある。

 1年夏の甲子園、九国大付戦の第1打席で、胸元の厳しい球を打った衝撃で左手親指を骨折。それでも直後に行われたU18、国体は強行出場し、そのU18では左膝も痛めた。

 高2のときはかつて痛めた右肩痛が再発したこともあり、センターへのコンバートを断念。古傷が多い分、清宮はしばしば治療院に通うなど体のケアにも時間を割いた。

■「テーピングで大丈夫」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る