清宮日ハム入りの余波 早実後輩の“逸材”野村は早大進学も

公開日: 更新日:

 名門・早実には、日本ハムに指名された清宮幸太郎(3年)に勝るとも劣らない逸材がいる。現主将の野村大樹捕手(2年)である。

 秋季東京大会は3回戦で敗退。2年連続の出場を目指した来春のセンバツは絶望的となったが、1年生から4番を務め、高校通算111発の3番・清宮とともに強力打線の中軸を担った。今年7月の時点で通算40本塁打。これは同時期の清宮に迫るハイペースで、ミレニアム世代の強打者のひとりとしてプロから注目される存在だ。

 今年4月、日大三との東京大会決勝をナイターで戦った際、「プロに入ったら夜の試合が増えると思うので慣れていけたらいい」とキッパリ。将来的なプロ志望を隠していない。プロのスカウトは「もちろんドラフト候補。早実には伝統的に3番最強説があるとはいえ、1年生から先輩の清宮を押しのけて4番を張ったパンチ力とミート力は超高校級です。今年の春に三塁から捕手に転向したことで、さらに価値が高まった。プロはどこも捕手難。どの球団も上位でリストアップしていると思います。強肩だし、もともと三塁の守備も堅い。守れる分、清宮よりつぶしが利きます」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    工藤静香はいい迷惑?渡辺美奈代に絶賛コメント急増のウラ

  3. 3

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  4. 4

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  5. 5

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  6. 6

    「山崎55年」は300万円 ウイスキー資産価値が高騰の可能性

  7. 7

    安倍官邸が移行急ぐ「9月入学」レガシーづくりの悪あがき

  8. 8

    黒川氏「訓告」は官邸意向 退職金6700万円は“口止め料”か

  9. 9

    検察は結局、黒川氏のスキャンダルを利用して独立を守った

  10. 10

    阪神藤浪に復活の予感 “自虐メール”にメンタル成長の片鱗

もっと見る