清宮日ハム入りの余波 早実後輩の“逸材”野村は早大進学も

公開日:

 名門・早実には、日本ハムに指名された清宮幸太郎(3年)に勝るとも劣らない逸材がいる。現主将の野村大樹捕手(2年)である。

 秋季東京大会は3回戦で敗退。2年連続の出場を目指した来春のセンバツは絶望的となったが、1年生から4番を務め、高校通算111発の3番・清宮とともに強力打線の中軸を担った。今年7月の時点で通算40本塁打。これは同時期の清宮に迫るハイペースで、ミレニアム世代の強打者のひとりとしてプロから注目される存在だ。

 今年4月、日大三との東京大会決勝をナイターで戦った際、「プロに入ったら夜の試合が増えると思うので慣れていけたらいい」とキッパリ。将来的なプロ志望を隠していない。プロのスカウトは「もちろんドラフト候補。早実には伝統的に3番最強説があるとはいえ、1年生から先輩の清宮を押しのけて4番を張ったパンチ力とミート力は超高校級です。今年の春に三塁から捕手に転向したことで、さらに価値が高まった。プロはどこも捕手難。どの球団も上位でリストアップしていると思います。強肩だし、もともと三塁の守備も堅い。守れる分、清宮よりつぶしが利きます」と言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  4. 4

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  5. 5

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  6. 6

    高校68本塁打 早実野村プロ入り決意の裏にソフトB王会長

  7. 7

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  8. 8

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    “猫の目”打線にも順応 ソフトB中村は打順を選ばぬ仕事人

もっと見る