交渉権は日ハム 清宮は中田翔に代わって来季“開幕一塁”か

公開日:

「(日本ハムは)いい選手がたくさんいますし、凄くいいチームだというイメージがある。本当にうれしく思っています」

 晴々した表情でこう話したのが、早実の清宮幸太郎(18)だ。

 26日に行われたプロ野球ドラフト会議。高校通算111本塁打のスラッガーを、日本ハムが引き当てた。巨人、阪神など歴代2位タイとなる7球団が競合する中、当たりクジを引いた木田GM補佐はガッツポーズ。皮肉にも、1位指名した7球団中、唯一、事前面談を行わなかった日本ハムが交渉権を獲得した。

 しかし、「夢はメジャーリーガー」と公言する清宮にとって、日本ハムは理想的な球団ではないか。

 会見で日刊ゲンダイが「日ハムはポスティングの前例がある球団。日ハムが交渉権を獲得した際、そうした事情も頭をよぎったか?」と質問した時も、「まだまだそんなことを言える立場ではない」と言いつつ、「これから先の自分次第だと思います」と答えた。日本ハムを努力や結果次第で夢へのステップになり得る球団ととらえているからこそだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  5. 5

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  6. 6

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  7. 7

    カラオケ番組で「素人」得点…武田鉄矢が画面から消えた?

  8. 8

    村上春樹は75年卒…人気作家はなぜ「早大」出身が多いのか

  9. 9

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  10. 10

    音痴で恥ずかしい…カラオケ下手が目立たない曲の選び方

もっと見る