交渉権は日ハム 清宮は中田翔に代わって来季“開幕一塁”か

公開日: 更新日:

「(日本ハムは)いい選手がたくさんいますし、凄くいいチームだというイメージがある。本当にうれしく思っています」

 晴々した表情でこう話したのが、早実の清宮幸太郎(18)だ。

 26日に行われたプロ野球ドラフト会議。高校通算111本塁打のスラッガーを、日本ハムが引き当てた。巨人、阪神など歴代2位タイとなる7球団が競合する中、当たりクジを引いた木田GM補佐はガッツポーズ。皮肉にも、1位指名した7球団中、唯一、事前面談を行わなかった日本ハムが交渉権を獲得した。

 しかし、「夢はメジャーリーガー」と公言する清宮にとって、日本ハムは理想的な球団ではないか。

 会見で日刊ゲンダイが「日ハムはポスティングの前例がある球団。日ハムが交渉権を獲得した際、そうした事情も頭をよぎったか?」と質問した時も、「まだまだそんなことを言える立場ではない」と言いつつ、「これから先の自分次第だと思います」と答えた。日本ハムを努力や結果次第で夢へのステップになり得る球団ととらえているからこそだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  2. 2

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  3. 3

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  4. 4

    不倫疑惑も神田沙也加は無傷 相手側のJr.秋山大河は茨の道

  5. 5

    桜招待のジャパンライフ“残党” 別の悪徳商法で名簿流用か

  6. 6

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  7. 7

    織田信成がモラハラで提訴 “関大の女帝”のもうひとつの顔

  8. 8

    ザギトワ最下位で証明されたロシア女子の恐るべき“早熟”

  9. 9

    元SMAPの3人に吉報 年末年始特番で地上波完全復帰か

  10. 10

    みずほFG元会長がNHK次期会長に “リベンジ選任”の仰天理由

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る