西武が牧田の米移籍容認 巨人は今季FA戦線で早くも“1敗”

公開日:

 西武の鈴木球団本部長が6日、牧田和久(32)のポスティングシステムによるメジャー挑戦を容認する考えを明かした。「その方向でと思っている。本人も強い意志がある」と話した。

 牧田は3月のWBCに侍ジャパンの一員として出場。今季は主に勝利の方程式の一角として58試合に登板し、3勝3敗、防御率2・30で、チーム4年ぶりのAクラス(2位)入りに貢献した。

 メジャー志向は漏れ伝わっていたとはいえ、先発も抑えもできるこの下手投げ投手には、巨人が強い興味を示していた。ゾッコンだっただけに、改めて可能性がないと突きつけられてガッカリである。

 さる球界関係者がこう言うのだ。

「巨人にはいないタイプで勝ち試合のリリーフを任せられて先発にも適応できる。経験も豊富。以前から獲得リストの上位に位置していた投手で、水面下で調査を継続してきた。今オフのFA補強の目玉といっていいほど評価していたが、結局メジャーには勝てなかったわけです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  2. 2

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    抑え崩壊で接戦恐怖症 巨人最後の手段は「守護神・菅野」

  8. 8

    レアード離脱、優勝遠のき…日ハム清宮は今季終了まで一軍

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    歌手は引退するが…安室奈美恵に期待される“電撃復活”の日

もっと見る