東大から日ハム7位 宮台康平の父が持つ高校時代の県記録

公開日: 更新日:

 史上6人目となる東大出身のプロ野球選手。法学部に限れば、これが初めてだ。

 高校時代から「野球だけとか、勉強だけのヤツはイヤだ」と話していたという宮台康平(22=投手・東大)。その言葉通り、神奈川県屈指の進学校である県立湘南高校から、現役で東大文科Ⅰ類に合格。偏差値75の左腕は、3年時に選出された大学日本代表では合宿所にポケット六法全書を持ち込み、夜は部屋で勉強に励んでいたという。3年秋は東大のワースト連敗記録を94でストップさせ、法大相手の89年ぶり連勝にも貢献した。

 宮台が所属した少年野球チーム「戸塚ACFホークス」の常盤雄一郎代表が言う。

「目の前の物事を一つ一つ、一生懸命やる子だった。優等生なのですが、子供らしさという点には少し欠けていましたね。練習中の空き時間でも、他の子供のようにふざけ合うことは見たことがない。印象的なのは前向きな性格。学校の成績はほとんどオール5。4があった時、私が半ば冗談で『まだまだだね』と言うと、『はい、次頑張ります!』って。湘南高校で(県大会)ベスト8の成績を残した後も、『いや、まだまだもうひとつ上に行けたと思います』ですからね。いくら褒めても、『まだまだ』と常日頃から言っていました」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る