U24侍エース格 巨人・田口を変えた「2人の先輩」の教え

公開日: 更新日:

 16日に東京ドームで開幕する「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017」に出場する侍ジャパンの田口麗斗(22=巨人)が12日、日本ハムとの練習試合に2番手として登板。3回を4安打1失点で降板した。稲葉監督の“初陣”は3―3の引き分けに終わった。

 24歳以下または入団3年目までの選手で構成される(オーバーエージ枠3人)今回の代表で、高卒4年目の田口はエース格に指名されている。今季13勝4敗、防御率3.01。昨季の10勝(10敗)に続く2年連続2ケタ勝利の成長の陰には、2人の存在がある。ひとりは、「巨人の先輩で元セーブ王でもある西村(健太朗)です」とチーム関係者が続ける。

「田口が2年目を終えた15年のオフに、西村の方から『一緒にやるぞ』と声を掛けて、ハワイで合同自主トレを1カ月間も行った。1年目のオフにどう過ごしていいか分からず、太ったままキャンプインした田口を見かねたのが、同郷の広島出身の西村だった。西村自身も高卒で入った当初、オフに同じような失敗を経験。他人事ではなかったようで、ハワイでは特にウエートトレーニングに重点を置き、体力を強化させた。これで田口は高卒3年目の16年に10勝。田口にとって西村は頭が上がらない“コーチ”でもあるのです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍側近”の下関市長 市立大人事「私物化疑惑」が大炎上

  2. 2

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

  3. 3

    本当の賞金女王は渋野 女子プロの戦意削ぐランク制度の穴

  4. 4

    ジャパンライフ“お墨付き”は安倍首相が 元社員が重大証言

  5. 5

    最後の一線を越えた…7年間にも及ぶ国と社会に対するテロ

  6. 6

    巨人の金庫にカネがない!バレに10億円積むソフトBを傍観

  7. 7

    相次ぐ女子プロのツアー引退…それでも老後ウハウハなワケ

  8. 8

    “反社おじさん”菅長官KO寸前 側近の公金不倫旅行まで発覚

  9. 9

    「電鉄は年商3000億、タイガースはたかだか60億や」と一喝

  10. 10

    氷川きよしはどこへ向かうのか?「きよしこの夜」潜入ルポ

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る