日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

清宮以上の評価も 大阪桐蔭“三刀流”根尾に巨人がゾッコン

 明治神宮野球大会は昨13日、高校の部の準決勝が行われ、大阪桐蔭(近畿・大阪)が創成館(九州・長崎)に4―7で敗れ、今秋の公式戦の連勝が12でストップした。

 注目は「4番・遊撃」で出場し、六回から3番手としてリリーフ登板した背番号「6」の根尾昂(2年)だ。この日は最速146キロ。4回を投げて7奪三振1失点と好投したが、打線は創成館の3投手の前に4得点に終わった。新チーム結成以来、公式戦初黒星を喫した根尾は「自分たちの力不足で負けてしまった。ミスを重ねてチームとしてカバーできなかった。自分たちの弱さが出た」と振り返った。

 投打で来秋ドラフトの目玉候補である。打っては1―0で勝った近畿大会決勝の智弁和歌山戦で試合を決める決勝弾を含む3安打。投げてはMAX148キロで、同準決勝の近江(滋賀)戦で「4番・投手」で先発。16奪三振の完封勝利を飾っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事