事情聴取を真っ向拒否 貴乃花親方は相撲協会「脱退」必至

公開日: 更新日:

 日に日に新たな証言者が出るなど、いよいよ混沌としてきた日馬富士の殴打事件。23日は貴ノ岩の「日本の父」なる人物がワイドショーに匿名で登場し、あれやこれやと語っていた。

 そんな中、相変わらず周囲のクビをひねらせているのが貴乃花親方(45=元横綱)の言動だ。被害者である貴ノ岩から話を聞きたいという相撲協会の事情聴取の要請に「協力できません」と、かたくなに拒否している。

 あくまで貴乃花親方が自身の主張を曲げないのであれば、行き着く先はひとつしかないだろう。本紙でコラム「戯作者の難癖口上 さあさ、お立ち会い」を連載している松崎菊也氏が、23日付の紙面で「新日本相撲協会と全日本相撲協会に分裂する正夢」と書いた団体分裂がそれだ。

 松崎氏が言う。

「おそらく貴乃花親方は『このままでは相撲協会はダメだ』という思いがふつふつとあったのでしょう。どんな団体でも、分裂するときは『この人とはやっていけない』『この組織はダメだ』という思いが引き金になるもの。ここまでくれば、ファンも貴乃花親方が協会と和解するとは誰も思いませんよ。貴乃花親方の思惑は別にして、『殴られたのはこっち。だから警察に任せている』という主張は組織としてはともかく、筋論としては間違ってはいない。当然、貴乃花親方から謝罪するとは思えないし、協会も『わかった。次の理事長はおまえにするから矛を収めてくれ』なんて言うはずがない。本当に相撲協会が分裂するかもしれません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    荻原博子さん「老後はどうにかなる…は大間違い!」人生100年時代へ8つの実践的アドバイス

    荻原博子さん「老後はどうにかなる…は大間違い!」人生100年時代へ8つの実践的アドバイス

  2. 2
    照ノ富士は全勝Vなら2300万円がっぽり…あの白鵬も苦悩した「一人横綱」の“重圧報酬”か

    照ノ富士は全勝Vなら2300万円がっぽり…あの白鵬も苦悩した「一人横綱」の“重圧報酬”か

  3. 3
    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

    渋野日向子×テレ東イケメンアナ“お泊り愛”の行方…女子プロは「体に変化が出る」とも

  4. 4
    元阪神球団社長が明かす 新庄剛志退団騒動の一部始終「マスコミには不信感を持っています」

    元阪神球団社長が明かす 新庄剛志退団騒動の一部始終「マスコミには不信感を持っています」

  5. 5
    IOCバッハ会長の猿芝居に正体見たり 中国テニス選手の性的暴行“もみ消し”加担で五輪は死んだ

    IOCバッハ会長の猿芝居に正体見たり 中国テニス選手の性的暴行“もみ消し”加担で五輪は死んだ

もっと見る

  1. 6
    木下優樹菜はただの“おしゃべりタレント” 芸能界での「夢よ、もう一度」は通用しない

    木下優樹菜はただの“おしゃべりタレント” 芸能界での「夢よ、もう一度」は通用しない

  2. 7
    森永卓郎さんが提唱する生活防衛術「楽しい老後にしたいなら月13万円で生活設計を」

    森永卓郎さんが提唱する生活防衛術「楽しい老後にしたいなら月13万円で生活設計を」

  3. 8
    森七菜が22年1月期ドラマのヒロインに? アンチを黙らせる「復活の条件」

    森七菜が22年1月期ドラマのヒロインに? アンチを黙らせる「復活の条件」

  4. 9
    維新の「人材難」は“紅白戦の立憲”よりお寒い!代表選すら開けず、松井市長続投待望論まで浮上

    維新の「人材難」は“紅白戦の立憲”よりお寒い!代表選すら開けず、松井市長続投待望論まで浮上

  5. 10
    度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に

    度重なるトラブル…松山英樹の「マナーの悪さ」海外でも評判に