ハマスタ埋めた“98年メンバー” DeNAで人気OBの招聘加速か

公開日:

 マシンガン打線が復活した。23日、「ハマスタレジェンドマッチ」が開催された。鈴木尚典、“大魔神”佐々木主浩らの1998年優勝メンバーをはじめ、平松政次、ポンセら大洋ホエールズ時代のOBが集結。貴重な競演とあって、チケットは即完売。記念グッズもバカ売れで、ほとんどが品切れとなった。

 盛り上がったのはスタンドだけではない。旧交を温めたOBたちも懐かしい面々に破顔一笑。「楽しかった」の大合唱で、「TEAM1998」の監督を務めた権藤博氏は「ベンチでみんな『来年もやろう』と言っていました」と話した。

「この盛況で、球団幹部は大洋や横浜OBの影響がどれだけ大きいか、どれだけビジネスになるかを実感した。これまでは若い世代を取り込む戦略が成功したが、横浜の人気OBを再び現場コーチに呼ぶことで、年配の世代も球場に呼び戻せる。98年のメンバーで、この日の試合にも出場した進藤達哉GM補佐がGMに昇格すれば、それも加速するはず。監督に意欲を見せる谷繁の入閣もありえる」(球団関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  7. 7

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  8. 8

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  9. 9

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  10. 10

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

もっと見る