FA野上めぐり 西武とベイが巨人“後出しじゃんけん”警戒

公開日: 更新日:

 交渉が解禁されている国内FA戦線で意外な人気となっているのが西武野上亮磨投手(30)である。

 今季は菊池とともに先発投手陣を支えた。24試合に登板し、4年ぶりの2ケタ勝利となる11勝(10敗)をマーク。防御率3・63で、チームを4年ぶりのAクラス入りとなる2位へ導いた。

 真っ先に興味を示しているのはDeNAだ。阪神から宣言した大和との両取りをにらむなど積極的な動きをみせている。現時点で静観している阪神も早くから水面下で調査を続けてきた。

 肩、肘に故障もなく、年間を通じて先発を担える。今季の年俸は5000万円で、獲得した球団に金銭及び選手の補償が生じる「年俸Bランク」とみられる。残留を望む西武、DeNAなど、先発投手を補強したいチームの争奪戦は必至な情勢。そんな野上を巡る球団が最も警戒するのは、「何でも欲しがる」あのチームだという。DeNAの球団関係者がこう言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る