• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

野茂氏も候補止まり 松井秀喜氏の殿堂入りに得票率の壁

 ヤンキースなどで通算175本塁打をマークした松井秀喜氏(43=現ヤ軍GM特別アドバイザー)が2018年の米野球殿堂入りの候補に名を連ねた。日本人では野茂英雄氏(49=ドジャース他)が14年に候補となって以来、2人目。日本人野手では初めてノミネートされた。

 現役時代はオールスターに2度選出され、09年ワールドシリーズではMVPを受賞。ヤンキースの世界一に貢献した。

 殿堂入りにはノミネートされた翌年以降、全米野球記者協会の記者投票で75%以上の得票が必要となる。5%以上の得票で最長10年間候補に残るが、5%に満たなければ資格を失う。野茂氏は最初の投票で1.1%しか得られず、資格がなくなった。

 勝負強い打撃でニューヨークのファンを沸かせた松井氏はどれだけの得票を得るのか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事