賞金王とマスターズ切符も “二兎追う”小平智に評論家苦言

公開日:  更新日:

【ゴルフ日本シリーズJTカップ】

 今季男子ツアーの最終戦は、初日の冬空のように寒々しく見える。

 強いて見どころといえば賞金王の行方だが、30選手が出場して圏内につける4選手の成績が振るわないからだ。

 賞金ランク1位の小平智(28)が4オーバー26位タイと出遅れ、同2位の宮里優作(37)は1アンダー8位タイ、同3位のC・キム(27)が12オーバー最下位、同4位の池田勇太(31)はイーブンパー15位タイだった。

 宮里、キム、池田が逆転で賞金王を手にするには優勝が絶対条件だけに、終わってみればドラマもなく小平の逃げ切りという結果になりかねない。

 ただ、小平が賞金王に色気を出しているのが気になる。VISA太平洋マスターズに勝った際には、「賞金王が目標ではない。マスターズ出場を目指している」と明確に語っていたが、ここにきて「欲が出てきた」と揺らいでいるのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  2. 2

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  3. 3

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  4. 4

    大谷「ア新人王」の陰にイチローの助言と自己チュー貫徹

  5. 5

    南沢奈央と破局…“こじらせ男”オードリー若林に次の春は?

  6. 6

    霞が関の友人が言った「トランプは田中真紀子」の意味深長

  7. 7

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  8. 8

    キンプリ岩橋 パニック障害で離脱の衝撃と女性問題の影響

  9. 9

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  10. 10

    狡猾な安倍政権、弱体化するメディア…6年弱で国は変貌

もっと見る