4年ぶり日本人賞金女王誕生の裏で女子ツアーに漂う暗雲

公開日:

【ツアー選手権リコー杯 最終日】

「今週に入ってプレッシャーを感じてよく眠れなかった。(賞金女王の)実感はまだないけれど、ようやく終わったという気持ちのほうが強い」

 鈴木愛(23)が4年ぶりの日本人賞金女王に輝いた。

 ただ最終戦の成績を見れば台湾、韓国プロが上位にズラリと並び、外国勢優位の構図は変わらない。賞金ランクもトップ10のうち7人が外国人プロで、鈴木が賞金トップとはいえ日本人プロの影は薄い。

 男子大会(国内24試合)と違い女子は年間38試合の日程で行われており一見すると華やかだが、「これから厳しくなる」という指摘がある。

「ゴルフ5が女子プロのサポートを取りやめたり、ホンマやテーラーメイドもツアー部門を縮小すると聞いています。この20年間でプレー人口は7割減。ゴルフ場やゴルフ用品の売り上げは半減とゴルフビジネスが縮小しているにもかかわらず、女子プロの契約金だけはシード選手が1000万~2000万円とアップしている。費用対効果が悪い。女子プロに経費がかかり、メーカーの負担が大きくなっている。クラブの売り上げが減っている以上、女子プロの契約内容もこれから厳しくなる」(ツアー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  3. 3

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  4. 4

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  5. 5

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  6. 6

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  7. 7

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  8. 8

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  9. 9

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る