• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

4年ぶり日本人賞金女王誕生の裏で女子ツアーに漂う暗雲

【ツアー選手権リコー杯 最終日】

「今週に入ってプレッシャーを感じてよく眠れなかった。(賞金女王の)実感はまだないけれど、ようやく終わったという気持ちのほうが強い」

 鈴木愛(23)が4年ぶりの日本人賞金女王に輝いた。

 ただ最終戦の成績を見れば台湾、韓国プロが上位にズラリと並び、外国勢優位の構図は変わらない。賞金ランクもトップ10のうち7人が外国人プロで、鈴木が賞金トップとはいえ日本人プロの影は薄い。

 男子大会(国内24試合)と違い女子は年間38試合の日程で行われており一見すると華やかだが、「これから厳しくなる」という指摘がある。

「ゴルフ5が女子プロのサポートを取りやめたり、ホンマやテーラーメイドもツアー部門を縮小すると聞いています。この20年間でプレー人口は7割減。ゴルフ場やゴルフ用品の売り上げは半減とゴルフビジネスが縮小しているにもかかわらず、女子プロの契約金だけはシード選手が1000万~2000万円とアップしている。費用対効果が悪い。女子プロに経費がかかり、メーカーの負担が大きくなっている。クラブの売り上げが減っている以上、女子プロの契約内容もこれから厳しくなる」(ツアー関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事