3年4.5億円で合意 今季11勝FA野上は巨人で“貯金”作れるか

公開日:

 西武からFA権を行使した野上亮磨投手(30)が1日、巨人に入団することで正式に合意した。都内のホテルで最終交渉を行い、「合意させていただいた。飛び込んで来いという言葉がうれしかった。(FA宣言から)5キロ痩せました」と笑顔を見せた。

 野上は今季、11勝10敗、防御率は3.63。3年総額4億5000万円の条件を提示した鹿取GMは「11勝の評価」の他に、「直球の回転数」を挙げている。同僚だった菊池雄星と同等か、それ以上の数値で、12球団一という巨人のエース菅野にも迫る値だというのだ。「ウチには断トツの数値を誇る菅野がいるけど野上もいい」と補強の理由を説明していた。

 が、菊池や菅野級の投手かといえば疑問符が付く。古巣・西武の球団関係者は「今年だって一年を通じて安定していたわけではありませんよ」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  3. 3

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  4. 4

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

もっと見る