• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3年4.5億円で合意 今季11勝FA野上は巨人で“貯金”作れるか

 西武からFA権を行使した野上亮磨投手(30)が1日、巨人に入団することで正式に合意した。都内のホテルで最終交渉を行い、「合意させていただいた。飛び込んで来いという言葉がうれしかった。(FA宣言から)5キロ痩せました」と笑顔を見せた。

 野上は今季、11勝10敗、防御率は3.63。3年総額4億5000万円の条件を提示した鹿取GMは「11勝の評価」の他に、「直球の回転数」を挙げている。同僚だった菊池雄星と同等か、それ以上の数値で、12球団一という巨人のエース菅野にも迫る値だというのだ。「ウチには断トツの数値を誇る菅野がいるけど野上もいい」と補強の理由を説明していた。

 が、菊池や菅野級の投手かといえば疑問符が付く。古巣・西武の球団関係者は「今年だって一年を通じて安定していたわけではありませんよ」とこう続ける。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  7. 7

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  8. 8

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  9. 9

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る