ゲレーロと合意間近も…巨人が怯える“ソフトバンクの影”

公開日:

 来日1年目で35本塁打を放った今季のセ・リーグ本塁打王、アレックス・ゲレーロ(31)の巨人入りが濃厚となっている。これまで動向を注視してきたが、今季在籍した中日の退団が決まり、交渉が可能となった。

 巨人の鹿取GMは前日2日に「ゲレーロを含めて調査していかないと」と初めて言及。さる球界関係者は「中日の提示した条件は破格の3年総額9億円程度だったと聞いていますが……」とこう続ける。 

「中日は森監督の希望で最大級の誠意は見せた。それを巨人が上回った。1年5億円、3年15億円を基本線にした本人サイドの希望に対し、巨人は出来高を含めた5億円で3年という条件を用意して、ほぼこれをのんだ。『国内ナンバーワン金満球団』のお株を奪われて久しいソフトバンクも獲得に乗りだしているとの情報があったために、条件を上げざるを得なかった。巨人陣営は『ソフトバンクも動いている』と盛んに警戒していたが、当のソフトバンクは『ゲレーロには行っていない』と両者の言い分は真逆でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  4. 4

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  5. 5

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  6. 6

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  7. 7

    カネだけじゃない…ソフトBが持つ最大の武器は“世界の王”

  8. 8

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

もっと見る