ゲレーロと合意間近も…巨人が怯える“ソフトバンクの影”

公開日: 更新日:

 来日1年目で35本塁打を放った今季のセ・リーグ本塁打王、アレックス・ゲレーロ(31)の巨人入りが濃厚となっている。これまで動向を注視してきたが、今季在籍した中日の退団が決まり、交渉が可能となった。

 巨人の鹿取GMは前日2日に「ゲレーロを含めて調査していかないと」と初めて言及。さる球界関係者は「中日の提示した条件は破格の3年総額9億円程度だったと聞いていますが……」とこう続ける。 

「中日は森監督の希望で最大級の誠意は見せた。それを巨人が上回った。1年5億円、3年15億円を基本線にした本人サイドの希望に対し、巨人は出来高を含めた5億円で3年という条件を用意して、ほぼこれをのんだ。『国内ナンバーワン金満球団』のお株を奪われて久しいソフトバンクも獲得に乗りだしているとの情報があったために、条件を上げざるを得なかった。巨人陣営は『ソフトバンクも動いている』と盛んに警戒していたが、当のソフトバンクは『ゲレーロには行っていない』と両者の言い分は真逆でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権「賭けマージャンは賭博罪」過去の閣議決定で墓穴

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    軍国主義に協力した「NHK朝ドラ」モデル 自発的隷従の怖さ

  4. 4

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  5. 5

    木村花さん死去の悲劇…視聴者はフィクションへの認識欠如

  6. 6

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  7. 7

    同志社女子大・影山貴彦氏 エンタメは不要不急でも不可欠

  8. 8

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  9. 9

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  10. 10

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

もっと見る