• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゲレーロと合意間近も…巨人が怯える“ソフトバンクの影”

 来日1年目で35本塁打を放った今季のセ・リーグ本塁打王、アレックス・ゲレーロ(31)の巨人入りが濃厚となっている。これまで動向を注視してきたが、今季在籍した中日の退団が決まり、交渉が可能となった。

 巨人の鹿取GMは前日2日に「ゲレーロを含めて調査していかないと」と初めて言及。さる球界関係者は「中日の提示した条件は破格の3年総額9億円程度だったと聞いていますが……」とこう続ける。 

「中日は森監督の希望で最大級の誠意は見せた。それを巨人が上回った。1年5億円、3年15億円を基本線にした本人サイドの希望に対し、巨人は出来高を含めた5億円で3年という条件を用意して、ほぼこれをのんだ。『国内ナンバーワン金満球団』のお株を奪われて久しいソフトバンクも獲得に乗りだしているとの情報があったために、条件を上げざるを得なかった。巨人陣営は『ソフトバンクも動いている』と盛んに警戒していたが、当のソフトバンクは『ゲレーロには行っていない』と両者の言い分は真逆でした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る