• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メジャーも動向注視 “菅野ポスティング”巨人容認のXデー

 大谷に続くとみられる「メジャー予備軍」といえば、早ければ来オフにも移籍が認められそうな西武の左腕エース菊池雄星(26)、打者では侍ジャパンの4番を務めるDeNAの筒香嘉智(26)らだ。

 日本を代表する選手がポスティング制度で次々と海を渡る可能性がある中、あるメジャーリーグ関係者は「この2人が流出したら次は巨人の菅野(智之=28)です」とこう続ける。

「ただ、現時点で巨人はポスティングを認めていない。フルにあと4シーズンは日本で投げない限り海外FA権は取得できない。大リーグ志向があるとウワサで聞くけど、“巨人は今後ポスティングを認める気はあるのか”など、多くのメジャー関係者が菅野の動向に関心を持っていると思いますよ」

 大谷のメジャー流出が決まった今、菅野は国内組で臨むことが濃厚な2020年東京五輪のエース候補の筆頭である。このビッグイベント後が、巨人が初めてポスティング移籍を容認するタイミングではないかと、球界関係者はこうみる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  10. 10

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

もっと見る