メジャーも動向注視 “菅野ポスティング”巨人容認のXデー

公開日:

 大谷に続くとみられる「メジャー予備軍」といえば、早ければ来オフにも移籍が認められそうな西武の左腕エース菊池雄星(26)、打者では侍ジャパンの4番を務めるDeNAの筒香嘉智(26)らだ。

 日本を代表する選手がポスティング制度で次々と海を渡る可能性がある中、あるメジャーリーグ関係者は「この2人が流出したら次は巨人の菅野(智之=28)です」とこう続ける。

「ただ、現時点で巨人はポスティングを認めていない。フルにあと4シーズンは日本で投げない限り海外FA権は取得できない。大リーグ志向があるとウワサで聞くけど、“巨人は今後ポスティングを認める気はあるのか”など、多くのメジャー関係者が菅野の動向に関心を持っていると思いますよ」

 大谷のメジャー流出が決まった今、菅野は国内組で臨むことが濃厚な2020年東京五輪のエース候補の筆頭である。このビッグイベント後が、巨人が初めてポスティング移籍を容認するタイミングではないかと、球界関係者はこうみる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  8. 8

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る