メジャーも動向注視 “菅野ポスティング”巨人容認のXデー

公開日: 更新日:

 大谷に続くとみられる「メジャー予備軍」といえば、早ければ来オフにも移籍が認められそうな西武の左腕エース菊池雄星(26)、打者では侍ジャパンの4番を務めるDeNAの筒香嘉智(26)らだ。

 日本を代表する選手がポスティング制度で次々と海を渡る可能性がある中、あるメジャーリーグ関係者は「この2人が流出したら次は巨人の菅野(智之=28)です」とこう続ける。

「ただ、現時点で巨人はポスティングを認めていない。フルにあと4シーズンは日本で投げない限り海外FA権は取得できない。大リーグ志向があるとウワサで聞くけど、“巨人は今後ポスティングを認める気はあるのか”など、多くのメジャー関係者が菅野の動向に関心を持っていると思いますよ」

 大谷のメジャー流出が決まった今、菅野は国内組で臨むことが濃厚な2020年東京五輪のエース候補の筆頭である。このビッグイベント後が、巨人が初めてポスティング移籍を容認するタイミングではないかと、球界関係者はこうみる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  3. 3

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  4. 4

    ハワイ新婚旅行で事務所から自粛要請 約束破れば全体責任

  5. 5

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  6. 6

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  7. 7

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  8. 8

    命運尽きた安倍首相 逮捕か総辞職か野垂れ死にか

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    NHKドラマで復活 東出昌大が復帰に動き出せた3つの理由

もっと見る