• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

直球を高めに 下手投げ“希少種”牧田が米国で通用する条件

 大谷翔平のエンゼルス入りが決まったが、私には彼以上に興味を持っている日本人投手がいる。

 牧田和久(33)だ。メジャー挑戦を目指し、西武にポスティングシステムの利用が認められた。アンダースローという希少種だが、直球の球速は130キロ前後。シンカーという落ちる球はあっても、数字だけを見れば圧倒的に真っすぐのスピードが足りない。そんな彼をメジャーの球団がどう評価するのか。誰が見たって超A級の大谷とは違って米球界の目利きの間でも判断が分かれるのではないか。

 結論から言えば、牧田は十分に通用する。ただし、条件がある。

 今年3月のWBCで投手コーチを務めた私は、牧田を日本の抑えにしようと考えた。大会前に各球団代表選手をキャンプで視察した際、ブルペンでの投球練習を見て即決した。目を見張ったのはストレート。捕手の後ろに立って球筋をチェックしていると、距離感がつかめない。フワッと手を離れた球は、スピードで言えば130キロに満たない。打者になったつもりで、それに合わせて頭の中でタイミングを取ってみると、何度繰り返しても、ミートポイントで差し込まれる。日本人打者に比べて引き付けて打つパワー自慢の外国人打者には、よりこの真っすぐが利く。ひるむことなく直球でどんどん攻めよう、と本人にも伝えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事