初年“二刀流調整”は苦労必至 エ軍投手コーチが大谷の支え

公開日:

 メジャー1年目の日本人投手は、滑りやすい大リーグ公認球や硬いマウンドへの適応に苦労するものだ。

 エンゼルス入団が決まった大谷翔平(23)も例外ではない。2月のキャンプでは二刀流の調整を行うだけに、過去に渡米した日本人投手以上に、メジャーの環境に慣れるまでに時間を要するのではないか。

 これまで大谷が大リーグ公認球を実戦で投げたのは14年日米野球での2試合のみ。計5回を投げ、6安打2失点だった。

 実戦での経験不足が懸念されるが、チャールズ・ナギー投手コーチ(50)は心強い存在になりそうだ。

 同コーチは現役時代、インディアンスなどでプレーし、通算129勝(105敗)をマーク。96年の球宴ではア・リーグの先発投手を務めた。引退後はインディアンスのマイナーやダイヤモンドバックスで投手コーチを歴任。16年からエンゼルスの投手コーチを務め、今季は故障者が続出した投手陣をやりくりし、チーム防御率4・20(リーグ6位)と、まずまずの結果を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る