初年“二刀流調整”は苦労必至 エ軍投手コーチが大谷の支え

公開日:

 メジャー1年目の日本人投手は、滑りやすい大リーグ公認球や硬いマウンドへの適応に苦労するものだ。

 エンゼルス入団が決まった大谷翔平(23)も例外ではない。2月のキャンプでは二刀流の調整を行うだけに、過去に渡米した日本人投手以上に、メジャーの環境に慣れるまでに時間を要するのではないか。

 これまで大谷が大リーグ公認球を実戦で投げたのは14年日米野球での2試合のみ。計5回を投げ、6安打2失点だった。

 実戦での経験不足が懸念されるが、チャールズ・ナギー投手コーチ(50)は心強い存在になりそうだ。

 同コーチは現役時代、インディアンスなどでプレーし、通算129勝(105敗)をマーク。96年の球宴ではア・リーグの先発投手を務めた。引退後はインディアンスのマイナーやダイヤモンドバックスで投手コーチを歴任。16年からエンゼルスの投手コーチを務め、今季は故障者が続出した投手陣をやりくりし、チーム防御率4・20(リーグ6位)と、まずまずの結果を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  2. 2

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    「団十郎」襲名の海老蔵が「白猿」に込めた暴行事件の自戒

  5. 5

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  6. 6

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  7. 7

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  8. 8

    実業家と交際報道も…深田恭子と亀梨の“愛犬散歩”目撃情報

  9. 9

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  10. 10

    芸人から女優へ イモトアヤコは“第2の泉ピン子”を目指す?

もっと見る