• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

初年“二刀流調整”は苦労必至 エ軍投手コーチが大谷の支え

 メジャー1年目の日本人投手は、滑りやすい大リーグ公認球や硬いマウンドへの適応に苦労するものだ。

 エンゼルス入団が決まった大谷翔平(23)も例外ではない。2月のキャンプでは二刀流の調整を行うだけに、過去に渡米した日本人投手以上に、メジャーの環境に慣れるまでに時間を要するのではないか。

 これまで大谷が大リーグ公認球を実戦で投げたのは14年日米野球での2試合のみ。計5回を投げ、6安打2失点だった。

 実戦での経験不足が懸念されるが、チャールズ・ナギー投手コーチ(50)は心強い存在になりそうだ。

 同コーチは現役時代、インディアンスなどでプレーし、通算129勝(105敗)をマーク。96年の球宴ではア・リーグの先発投手を務めた。引退後はインディアンスのマイナーやダイヤモンドバックスで投手コーチを歴任。16年からエンゼルスの投手コーチを務め、今季は故障者が続出した投手陣をやりくりし、チーム防御率4・20(リーグ6位)と、まずまずの結果を残した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事