オフも仕事だらけ マスターズ出場へモヤモヤ続く宮里優作

公開日:  更新日:

【アジアンツアー インドネシアマスターズ】

 アジアンツアー最終戦の本大会は、初日から首位に立つジャスティン・ローズ(37=英)が2位に8打差をつける通算29アンダーで楽々逃げ切り優勝。年内の世界ランク(WR)50位以内入りで、来年のマスターズ出場権を狙った宮里優作(37)は、前日サスペンデッドの残りと計28ホールの長丁場プレーになった。

 第3ラウンドを消化してローズと4打差の通算15アンダー3位。引き続き行われた第4ラウンドは5バーディー、2ボギーの69で回りホールアウトした時点で3位タイ。大会前のWR58位から同50位圏内に入るには、3位以内が条件との情報もあり、ぎりぎりクリアしたかに思われた。ところが、宮里と並んでいた最終組のスコット・ビンセント(25=ジンバブエ)が最終18番でバーディーを奪い単独3位、宮里は4位フィニッシュだった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る