• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

泥酔して数回キス…式守伊之助が10代行司にセクハラ行為

 角界にまた激震だ。立行司の第40代式守伊之助(58=本名野内五雄、宮城野部屋)が、昨年12月の冬巡業中に泥酔し、10代の行司にキスをするなどのセクハラ行為をしたというのだ。日本相撲協会が5日に発表した。

 伊之助は既に謝罪しており、10代の行司も処罰を求める意向や、警察に被害届を出す考えはないとしている。ただし協会は、行司全体を指導、管理する立行司の非違行為であることから、近日中に臨時理事会を開いて懲戒処分を検討する。

 問題は5日夕、セクハラ行為の概略を知った幕内行司が報告して発覚。危機管理委員会の調査により、事実だと確認した。

 協会によると、沖縄県宜野湾市で興行があった昨年12月16日の夜、泥酔した伊之助は宿舎の部屋まで送ってもらった10代の行司に数回キスし、胸部を1回触った。伊之助は「泥酔していたので覚えていない」「自分は男色の趣味はないので、なぜこのような行為をしたのか分からない」と話したが、自らの行為は否定しなかったという。

 元横綱・日馬富士の暴行事件に続く、立行司の不祥事。行司最高位の木村庄之助が不在なだけに、伊之助は実質トップだ。八角理事長は、「指導する立場の立行司として本当に情けない」と怒りをあらわにした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  3. 3

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  4. 4

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  5. 5

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  6. 6

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    「安倍3選」を市場は無視…日経平均5日続伸でも“カヤの外”

もっと見る