• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

理事解任は序曲…貴乃花親方vs白鵬の先に“理事長のイス”

 4日に開かれた日本相撲協会の臨時評議会で、史上初めて理事解任案が承認された貴乃花親方(45)。この決定によって、貴乃花親方は理事から役員待遇委員へ2階級降格となるが、一連の騒動では貴乃花親方と横綱白鵬(32)の抜き差しならない確執も表面化した。

「貴乃花親方はそもそもかち上げ、張り手とプロレスまがいの取り口で勝ち星を積み上げる白鵬を横綱として評価していない。その白鵬が束ねるモンゴル軍団の強固な結びつきも苦々しく思っていて、弟子の貴ノ岩には彼らと距離を置くよう指導していた。白鵬は白鵬でそんな貴乃花親方が疎ましく、貴ノ岩が被害を受けた暴行事件直後の冬巡業前に『貴乃花巡業部長の下では巡業に参加できない』と訴えるに至りました」(相撲担当記者)

 白鵬は、日馬富士による暴行現場に同席していながら暴力を止められなかったとして、昨年12月20日に相撲協会から「18年1月の給与を全額不支給、2月の給与を50%カット」という処分を受けた。横綱審議委員会からも「美しくない、見たくない」と相撲内容について厳しく批判されるなどお灸をすえられたが、これでやりたい放題の“暴君横綱”が少しは殊勝になるかといえば、「蛙のツラになんとかでしょう」(ある親方)と懐疑的な見方がほとんどだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  2. 2

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  3. 3

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  4. 4

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  5. 5

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  6. 6

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  9. 9

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  10. 10

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

もっと見る