平昌五輪ジャンプ 高梨沙羅は“重圧少なめ”でメダル好機

公開日:

 全日本スキー連盟は11日、平昌五輪のスキージャンプなどの代表内定選手を発表。ジャンプ男子は45歳の葛西紀明が史上最多となる8大会連続の選出となったが、今季は不振(最高10位)だけに個人でのメダル争いは厳しいだろう。

 前回は金メダル候補の大本命でまさかの4位に終わった女子の高梨沙羅(21=写真)は、「この4年間はソチの悔しい思いをバネに練習に励んできた。平昌五輪では金メダルを取って支えてくれる人たちに恩返しをしたい」と言った。

 今季はここまで4戦して3位が2度。ジャンプの男女を通じて歴代最多の54勝まであと1勝というところで足踏みが続いている。前回は「金メダル確実」と言われた絶対女王も、今回は全4戦で1、2位を独占しているアルトハウス(ドイツ)とルンビ(ノルウェー)の陰に隠れているが、五輪とW杯はまったく違う。

 前回とは逆の「まさか……」の可能性は大いにありそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る