• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャンプ新鋭・小林が初Vも平昌五輪団体メダルは視界不良

 男子ジャンプに新鋭が現れた。

 19日にポーランド・ビスワで行われたノルディックスキーのW杯ジャンプ男子個人開幕戦(HS=134メートル)で初優勝した小林潤志郎(26)だ。

 1回目124メートル、2回目はK点越えとなる126.5メートルを飛び、ソチ五輪2冠のカミル・ストッフ(30=ポーランド)、昨季の世界選手権2冠のシュテファン・クラフト(24=オーストリア)の実力者2人を抑え、初めてW杯の表彰台に立った。日本勢の優勝は、2014年11月フィランド・ルカ大会の葛西紀明以来3季ぶり13人目。11年のW杯デビュー以来、63戦目で頂点に立った。

 過去最高の13位から大躍進した小林は「想像以上なのでうれしいし、これから頑張っていかなきゃなという気持ちになった」と気を引き締めるように話した。

 日本スキー連盟は来年2月の平昌五輪の代表選考基準のひとつを、世界選手権、W杯などで「8位以内を1回以上」としている。これにより、すでに基準を満たしている葛西らのベテランに加え、若手の小林の代表入りが内定。今回、葛西に代わるエース候補が現れたわけだが、だからといって平昌五輪の団体でメダル獲得を期待するのは早計だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  3. 3

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  4. 4

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  5. 5

    「9.16」引退宣言 安室奈美恵がこの1年で稼いだ驚きの金額

  6. 6

    今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

  7. 7

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  8. 8

    降って湧いた放映権問題で…LPGAと大会主催者の対立が激化

  9. 9

    iPhone入手困難に? 米との貿易戦争激化で中国に“奥の手”

  10. 10

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

もっと見る