ジャンプ新鋭・小林が初Vも平昌五輪団体メダルは視界不良

公開日: 更新日:

 男子ジャンプに新鋭が現れた。

 19日にポーランド・ビスワで行われたノルディックスキーのW杯ジャンプ男子個人開幕戦(HS=134メートル)で初優勝した小林潤志郎(26)だ。

 1回目124メートル、2回目はK点越えとなる126.5メートルを飛び、ソチ五輪2冠のカミル・ストッフ(30=ポーランド)、昨季の世界選手権2冠のシュテファン・クラフト(24=オーストリア)の実力者2人を抑え、初めてW杯の表彰台に立った。日本勢の優勝は、2014年11月フィランド・ルカ大会の葛西紀明以来3季ぶり13人目。11年のW杯デビュー以来、63戦目で頂点に立った。

 過去最高の13位から大躍進した小林は「想像以上なのでうれしいし、これから頑張っていかなきゃなという気持ちになった」と気を引き締めるように話した。

 日本スキー連盟は来年2月の平昌五輪の代表選考基準のひとつを、世界選手権、W杯などで「8位以内を1回以上」としている。これにより、すでに基準を満たしている葛西らのベテランに加え、若手の小林の代表入りが内定。今回、葛西に代わるエース候補が現れたわけだが、だからといって平昌五輪の団体でメダル獲得を期待するのは早計だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

もっと見る