• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ジャンプ新鋭・小林が初Vも平昌五輪団体メダルは視界不良

 男子ジャンプに新鋭が現れた。

 19日にポーランド・ビスワで行われたノルディックスキーのW杯ジャンプ男子個人開幕戦(HS=134メートル)で初優勝した小林潤志郎(26)だ。

 1回目124メートル、2回目はK点越えとなる126.5メートルを飛び、ソチ五輪2冠のカミル・ストッフ(30=ポーランド)、昨季の世界選手権2冠のシュテファン・クラフト(24=オーストリア)の実力者2人を抑え、初めてW杯の表彰台に立った。日本勢の優勝は、2014年11月フィランド・ルカ大会の葛西紀明以来3季ぶり13人目。11年のW杯デビュー以来、63戦目で頂点に立った。

 過去最高の13位から大躍進した小林は「想像以上なのでうれしいし、これから頑張っていかなきゃなという気持ちになった」と気を引き締めるように話した。

 日本スキー連盟は来年2月の平昌五輪の代表選考基準のひとつを、世界選手権、W杯などで「8位以内を1回以上」としている。これにより、すでに基準を満たしている葛西らのベテランに加え、若手の小林の代表入りが内定。今回、葛西に代わるエース候補が現れたわけだが、だからといって平昌五輪の団体でメダル獲得を期待するのは早計だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事