日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

食事やお茶も頻繁に マスコミ懐柔策で阪神批判がタブーに

担当記者を従えて(C)日刊ゲンダイ

「マスコミも戦力だ」という星野の真骨頂はやはり阪神時代だ。

 2001年オフ、中日監督退任直後に、まさかの阪神入り。球界きっての情報通で知られる星野は、「伏魔殿」と呼ばれた低迷球団の体質を知っていた。

 監督就任直後には…

この記事は会員限定です。日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事