日ハム清宮が新人研修 暴力団と野球賭博の講義に興味津々

公開日:  更新日:

「私生活の面で誘いを受けることだったり、そういう話が印象に残った」

 昨11日、NPB新人選手研修会に出席した日本ハムの清宮幸太郎(18=早実)は4時間以上の長い講義をこう振り返った。

 ドーピングのことや税金の話、覚醒剤など禁止薬物の話を経て、暴力団との交際についての講義が始まった。

 講師役の鈴木仁史弁護士が、過去に選手が起こした事案をもとに、スライドを用いて美人局による恐喝、飲食店で酒のボトルを差し入れされたときにどうするか、結婚式で再会した同級生と写真を撮ったら実は暴力団員ということが発覚、写真をダシに恐喝された場合はどうすべきか、といった生々しい内容だったが、清宮はペンを片手に熱心に話に耳を傾けた。

■プロ選手にはいろんな人物が寄ってくる

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る