選手を傷つけ自身も…北京五輪では情の野球で地獄を見た

公開日: 更新日:
北京五輪は惨敗だった(左が田淵幸一氏、右が山本浩二氏)(C)日刊ゲンダイ

 17年間の監督生活で日本一を果たしたのは、2013年の楽天時代の1度のみ。短期決戦に弱いと言われた理由を星野自身は、「オレの野球は情の野球」と言っていた。

 奇策を弄さず、用兵は型通り。シーズンを勝ち抜いた選手の力を信じ、託すのが星野流だと自負した…

この記事は会員限定です。
日刊ゲンダイDIGITALに会員登録すると続きをお読みいただけます。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    最下位低迷で待ったなし 虎が今オフ粛清するベテラン選手

  2. 2

    東出昌大の好感度 渡部建や優樹菜の不倫報道で“V字回復”か

  3. 3

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  4. 4

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  5. 5

    “長嶋超え”と大騒ぎ 原監督「歴代2位1035勝」の本当の価値

  6. 6

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  7. 7

    年金暮らしなのに「本家」のプライドで毎月9万円の赤字が

  8. 8

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  9. 9

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  10. 10

    綾瀬はるかと熱愛報道ノ・ミヌ 実は韓国では“過去の人”

もっと見る