巨人首脳陣も期待か 松井臨時コーチの役目は“坂本の復活”

公開日: 更新日:

 巨人の主将・坂本勇人(29)が14日、ゴジラの来襲を喜んだ。

 2月の春季キャンプにOBの松井秀喜氏(43)が2年ぶりに臨時コーチとして参加することが決まり、「聞きたいことがあれば聞きに行きたい」と白い歯を見せた。

 低迷打破の恩人だ。坂本は16年春のキャンプ時に臨時コーチを務めた松井に「軸足に体重を残した方がいい。右側の軸で回転できるようになった方が安定する」とアドバイスされた。

 これを機に打撃フォームを大改造。こだわっていた大きく上げながらタイミングを取る左足の上げ幅を小さくし、シンプルな打法に回帰した。時には反り返るような体勢でスイングするほど「軸足」を意識した結果、自身初の首位打者を獲得したのだ。

 一方の松井も、初めて臨時コーチを務めた14年春に「(打撃に)穴がない。うまい。もともと力があるんだし、何も心配はいらない」と最初に目をつけたのが、若くして主力を張る坂本だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  4. 4

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  5. 5

    安倍首相の熊本視察にブーイング…惨事便乗“成功体験”崩壊

  6. 6

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  7. 7

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  8. 8

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  9. 9

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  10. 10

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

もっと見る