ダルに差別発言のグリエル 8時間の矯正プログラム受講

公開日:

 キューバ人内野手がお灸を据えられた。

 ワールドシリーズで人種差別なジェスチャーを見せたアストロズのユリエスキ・グリエル(33)がMLBから科せられた矯正プログラムを受講していたという。

 17日付(日本時間18日)の米誌「スポーツ・イラストレーテッド」(電子版)が伝えている。

 記事によると、グリエルが受講したのは「センシティビティートレーニング」といわれる他者への理解を深める訓練。本人によれば、ワールドシリーズ終了後に行われ、プログラムは7~8時間にも及んだという。

 同誌の取材にグリエルは「米国に来てからも多くの知らなかったことを学んだ。米国での生活に順応するのに、とても役に立つことばかりだった」と話している。

 グリエルは昨年10月のワールドシリーズ第3戦でドジャース・ダルビッシュ有(31)から本塁打を放った際、アジア人への差別的行為を取り、問題視された。MLBから今季開幕から5試合の出場停止処分を受けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  6. 6

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  7. 7

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る