ダルに差別発言のグリエル 8時間の矯正プログラム受講

公開日: 更新日:

 キューバ人内野手がお灸を据えられた。

 ワールドシリーズで人種差別なジェスチャーを見せたアストロズのユリエスキ・グリエル(33)がMLBから科せられた矯正プログラムを受講していたという。

 17日付(日本時間18日)の米誌「スポーツ・イラストレーテッド」(電子版)が伝えている。

 記事によると、グリエルが受講したのは「センシティビティートレーニング」といわれる他者への理解を深める訓練。本人によれば、ワールドシリーズ終了後に行われ、プログラムは7~8時間にも及んだという。

 同誌の取材にグリエルは「米国に来てからも多くの知らなかったことを学んだ。米国での生活に順応するのに、とても役に立つことばかりだった」と話している。

 グリエルは昨年10月のワールドシリーズ第3戦でドジャース・ダルビッシュ有(31)から本塁打を放った際、アジア人への差別的行為を取り、問題視された。MLBから今季開幕から5試合の出場停止処分を受けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    老後資金は夫婦で1600万円…必要額2800万円に届かず不安

  8. 7

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  9. 8

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  10. 9

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

  11. 10

    小池都知事“馬耳東風”…ネット討論会が映さなかった本性

もっと見る