ヤンキースGM「ローテ投手に満足」ダル争奪戦から撤退へ

公開日: 更新日:

 FAの目玉右腕に位置付けられながら、依然として新天地が決まらないダルビッシュ有(31=ドジャースからFA)。

 ここにきて、移籍先の有力候補とみられていたチームが撤退したという。

 21日付のボストン・グローブ(電子版)によれば、ヤンキースのキャッシュマンGMはダルを「メジャーを代表する投手のひとり」と評価しながらも「我々のローテーション投手に大変、満足している。(ダル獲得は)我々にとって何も意味がないことだ」と話したという。

 ヤンキースの今季の先発陣は昨季14勝(6敗)でサイ・ヤング賞候補に挙がったセベリーノ、田中、グレイの3人の右腕に、サバシア、モンゴメリーの両左腕。実績のないモンゴメリーは未知数だが、他の4人は故障さえなければ、勝ち星が見込める。キャッシュマンGMは、これ以上の先発投手は不要と判断したようだ。

 複数の米メディアの予想ではダルの契約は6年総額130億円規模とされる。記事によれば、高給取りのダルを獲得すればぜいたく税の支払い義務が発生することも、ヤンキースが獲得を見送った理由だとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    離婚の噂を直撃のはずが…吉田拓郎の自宅で見た巨人広島戦

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    昭和の俳優はビクともせず…不倫取材の核は「本妻」にあり

  4. 4

    愚策「Go To」に地方戦慄 コロナ病床不足のワースト道府県

  5. 5

    「雪駄の雪」は公明党ではなく自民党の方ではないのか?

  6. 6

    小池知事の肝いり感染防止策は“ザル”…夜の街からは憤りが

  7. 7

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  8. 8

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  9. 9

    フワちゃんが見せた気遣い「徹子の部屋」の“さん付け”話題

  10. 10

    日本政府が恐怖の見切り発車「GoTo」感染拡大へまっしぐら

もっと見る