ヤンキースGM「ローテ投手に満足」ダル争奪戦から撤退へ

公開日:

 FAの目玉右腕に位置付けられながら、依然として新天地が決まらないダルビッシュ有(31=ドジャースからFA)。

 ここにきて、移籍先の有力候補とみられていたチームが撤退したという。

 21日付のボストン・グローブ(電子版)によれば、ヤンキースのキャッシュマンGMはダルを「メジャーを代表する投手のひとり」と評価しながらも「我々のローテーション投手に大変、満足している。(ダル獲得は)我々にとって何も意味がないことだ」と話したという。

 ヤンキースの今季の先発陣は昨季14勝(6敗)でサイ・ヤング賞候補に挙がったセベリーノ、田中、グレイの3人の右腕に、サバシア、モンゴメリーの両左腕。実績のないモンゴメリーは未知数だが、他の4人は故障さえなければ、勝ち星が見込める。キャッシュマンGMは、これ以上の先発投手は不要と判断したようだ。

 複数の米メディアの予想ではダルの契約は6年総額130億円規模とされる。記事によれば、高給取りのダルを獲得すればぜいたく税の支払い義務が発生することも、ヤンキースが獲得を見送った理由だとしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  4. 4

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  8. 8

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

  9. 9

    冷静と興奮…狂気さえ感じさせる菅田将暉の名演技に脱帽

  10. 10

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

もっと見る