鶴竜と並び1敗キープ 栃ノ心は“握力90キロ超”の稽古の虫

公開日:

「ハァー、危なかったねえ」

 風呂から上がった栃ノ心(30=東欧のジョージア出身)が、支度部屋でほっと一息ついた。

 1敗で迎えた昨24日は宝富士と対戦。過去の対戦成績7勝7敗と五分の相手に苦戦するも、起死回生の突き落としで1敗をキープした。

「明日のことは、(寝て)起きたら考える。また気合入れて……じゃなくて落ち着いて。気合入れたら、今日みたいな相撲になっちゃうから」と笑顔を見せた栃ノ心。この日は全勝の横綱鶴竜が初黒星を喫し、ともに1敗で優勝争いの最前線に躍り出た。

 師匠の春日野親方(元関脇栃乃和歌)が言う。

「ファイティングスピリットが凄い力士ですよ。強くなりたいという気持ちが強く、そのための努力を惜しまない。入門前は相撲をまったく知らなかったから最初は突っ張りとかいろいろ教えたけど、今は左上手の右四つ。私も現役時代は右四つだったので、弟子の中では一番教えやすかった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  8. 8

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

もっと見る