複数年契約も悩みの種 “ゲレーロ包囲網”に巨人は戦々恐々

公開日: 更新日:

 巨人に入団するアレックス・ゲレーロ(31)が早くも他球団に「口撃」されている。

 中日に在籍した来日1年目の昨季は130試合に出場し、打率.279、35本塁打、86打点で本塁打王を獲得した。開幕「4番・左翼」はほぼ当確。そんな助っ人に、さっそく牽制球を投げたのが、DeNAのラミレス監督だ。

 16日の講演で「巨人にゲレーロが入ったが、うちは(昨年)抑えている。それ以上にマイコラスがいないのが大きい」とキッパリ。

 DeNAはゲレーロに対して昨季、被打率.244。被本塁打はセ・リーグ最少の2本に抑えた。敵将に全く相手にされていない様子で、もしゲレーロが耳にしたら、本塁打王のプライドはズタズタである。

 警戒されないのは「内角」「高め」など穴がはっきりしているから。が、理由はそれだけではない。「狙い目はむらっ気がある性格です」と古巣の中日関係者がこう明かす。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    LiSAの夫・鈴木達央が一部活動を休止 鈴木の不倫報道でアニメファンが「最も許せなかったこと」

  2. 2

    五輪アスリートに評判上々の選手村食堂 受託先が「50年1社独占」のナゾ

  3. 3

    和久田麻由子vs桑子真帆 NHK五輪アナの「紅白」司会争奪戦の熾烈

  4. 4

    東京都の協力金先払いに飲食業者から怨嗟の声!「一律112万円」などスズメの涙

  5. 5

    巨人が五輪のウラで新助っ人獲得画策 前レッズ3Aのハイネメン加入が決定的

  6. 6

    【バド】桃田賢斗に「裸の王様」と指摘する声…予選敗退は“まさか”ではなく必然だったか

  7. 7

    離婚3カ月の前田敦子が新恋人と“半同棲”発覚で…「令和の松田聖子」まっしぐら!

  8. 8

    “ハマのドン”藤木幸夫氏が横浜市長選めぐる質問に謎の大放言!海外プレスもア然

  9. 9

    秋篠宮ご夫妻は事態打開に動かず…眞子さまの実の母よりも小室ママにやさしい態度がネックに?

  10. 10

    眞子さまの結婚問題に揺れる秋篠宮家 当初は小室圭さんを絶賛された紀子さまに起きた変化

もっと見る