• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

42歳でも軽快 西武・松井“PL史上最高”のセンス衰え知らず

 楽天から15年ぶりに西武に復帰した松井稼頭央が、「いい一日が過ごせた」と笑顔でキャンプ初日を振り返った。

 テクニカルコーチ兼外野手の肩書ながら、「選択肢のひとつ。三塁で速い打球を見るのもプラスになる」との辻監督の指示で、投内連係では一塁、三塁の守備に就いた。

 日米通算24年2513試合出場のキャリアで、公式戦での三塁経験は2014年の46試合のみ。一塁にいたっては一度もないが、そうとは思えない軽快な動きだった。

 PL学園監督時代に桑田、清原のKKをはじめ、39人ものプロ野球選手を育てた中村順司氏(現名商大総監督)は、「そりゃもう、私の教え子の中では松井がナンバーワン。身体能力、野球センスはずばぬけていました」とこう言っていた。

「高校時代に投手一本だった松井を、ドラフトで指名した西武は内野手として使いたいということだった。それならばと、入団前に併殺の際のベースの入り方、走者のスライディングをかわして投げるジャンピングスローなどをマンツーマンで教えたけど、やったこともないくせに、1、2度実演しただけで、すぐにマスターした。類いまれなセンスと能力があった」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  6. 6

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  7. 7

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  8. 8

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  9. 9

    根尾、藤原だけじゃない 大阪桐蔭ドラフト候補10人の秘密

  10. 10

    【漁業権開放】漁村の資源管理が混乱 生活基盤が崩壊する

もっと見る