中日はベテラン投手と好相性 コーチも松坂の再起に太鼓判

公開日:

 背番号「99」を初披露した松坂大輔(37)が「多少気疲れした」と振り返ったように、報道陣は100人超。約2000人ものファンがキャンプ地(沖縄・北谷)に駆け付け、一部の松坂グッズは即完売となった。

 しかし、この日はファンが楽しみにしていたブルペン入りを回避。「(ブルペンで投げる意味の)丸は付けていたんですけど、中日のキャンプがどういう流れか分からないし、今日はいいかな、と。明日は入ろうかなと思っています。入ってもキャッチャーは座らせないと思う。周りが『投げる』と思っていたので、入らなかったというのもあります」と笑い、「フォームをまだ修正しないと。下(半身)がまだ思うように動かせないので、2月中に取り戻したい」と、スロー調整を強調した。

「客寄せパンダ」の役目は期待通りだが、肝心の「結果」は未知数だ。何しろソフトバンクでの登板は3年間でたったの1試合。だが、新天地の中日なら「復活」はあるかもしれない。勝崎コンディショニングコーチが言う。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  8. 8

    ラグビーW杯決勝が22万円に! 横行するネットダフ屋の実態

  9. 9

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る