権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

“地獄のキャンプ”は無意味 練習時間自慢は高校野球までに

公開日: 更新日:

 プロ野球のキャンプが始まった。毎度のことだが、この時期になると、スポーツ紙には「地獄のキャンプ」だとか、「8時間の猛練習」などの文字が躍る。例えば、最下位からの浮上を目指すヤクルトは、早出から居残りまで含めると、実に12時間もの長時間練習を課す日もあるとか。ゴクローサマです、と苦笑いをするしかない。

 私が監督を務めていた当時、横浜ベイスターズ(現DeNA)の全体練習は13時半には終えていた。開始が10時だから、わずか3時間半である。

 いや、私だって、それで十分だとは思っていなかった。狙いは2つ。ひとつは、こちらから強制するような練習をさせたくなかった。もともと、「プロには教えられてうまくなった選手はほとんどいない」が持論。自分で考え、工夫し、汗を流してこそ、努力は血となり肉となる。やらされたことは身につかないと思っているから、当時のコーチにも「練習を強制するのは厳禁。ただし、選手の方から『見てください』と言ってきた場合には、居残り練習でも夜間練習でも、相手の気の済むまで付き合ってやって欲しい」と伝えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ガッキー演じるみくりの妊娠&髪型は? 逃げ恥SP撮影秘話

  2. 2

    マッチ“火遊び”の代償 25歳下との不倫に中森明菜も呆れ顔

  3. 3

    田原俊彦“干され過去”と決別 不倫で失墜したマッチとの差

  4. 4

    相棒の視聴率を抜いた「七人の秘書」懲らしめ系はなぜ人気

  5. 5

    マッチ引退窮地…事務所の後ろ盾・人望・居場所すべてナシ

  6. 6

    玉木宏「極主夫道」が大健闘 昭和的“ベタ”コントに安心感

  7. 7

    男男男男男男男男男男男男男男の大家族についに女児誕生!

  8. 8

    小池氏“3大”ウソ 重症者、豊洲市場、軽症者施設で失策隠蔽

  9. 9

    菅野vs千賀なら欲しいのは…メジャーがつける“値段の差”

  10. 10

    高部知子“ニャンニャン写真”流出の顛末 元カレは自殺した

もっと見る