• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

“地獄のキャンプ”は無意味 練習時間自慢は高校野球までに

 プロ野球のキャンプが始まった。毎度のことだが、この時期になると、スポーツ紙には「地獄のキャンプ」だとか、「8時間の猛練習」などの文字が躍る。例えば、最下位からの浮上を目指すヤクルトは、早出から居残りまで含めると、実に12時間もの長時間練習を課す日もあるとか。ゴクローサマです、と苦笑いをするしかない。

 私が監督を務めていた当時、横浜ベイスターズ(現DeNA)の全体練習は13時半には終えていた。開始が10時だから、わずか3時間半である。

 いや、私だって、それで十分だとは思っていなかった。狙いは2つ。ひとつは、こちらから強制するような練習をさせたくなかった。もともと、「プロには教えられてうまくなった選手はほとんどいない」が持論。自分で考え、工夫し、汗を流してこそ、努力は血となり肉となる。やらされたことは身につかないと思っているから、当時のコーチにも「練習を強制するのは厳禁。ただし、選手の方から『見てください』と言ってきた場合には、居残り練習でも夜間練習でも、相手の気の済むまで付き合ってやって欲しい」と伝えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  2. 2

    森達也氏が危惧 オウム以降の日本社会は「集団化」が加速

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  5. 5

    翁長氏が後継指名 玉城氏出馬でどうなる沖縄知事選の行方

  6. 6

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  7. 7

    元大リーガー・マック鈴木さん 酒豪ゆえに付いたアダ名は

  8. 8

    黄金世代が上位独占も…評論家が女子ツアーの現状憂うワケ

  9. 9

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  10. 10

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

もっと見る