権藤博
著者のコラム一覧
権藤博野球評論家

1938年12月2日、佐賀県鳥栖市生まれ。鳥栖高からブリヂストンタイヤを経て61年に中日入り。1年目に35勝19敗、防御率1.70という驚異的な成績を挙げ、最多勝や沢村賞などタイトルを総ナメに。連投に連投を重ねる姿に「権藤、権藤、雨、権藤」の流行語が生まれた。68年に現役引退後は各球団の投手コーチを歴任。横浜で初の監督に就任した98年にはいきなりペナントを制し、38年ぶりの日本一に導いた。

“地獄のキャンプ”は無意味 練習時間自慢は高校野球までに

公開日: 更新日:

 プロ野球のキャンプが始まった。毎度のことだが、この時期になると、スポーツ紙には「地獄のキャンプ」だとか、「8時間の猛練習」などの文字が躍る。例えば、最下位からの浮上を目指すヤクルトは、早出から居残りまで含めると、実に12時間もの長時間練習を課す日もあるとか。ゴクローサマです、と苦笑いをするしかない。

 私が監督を務めていた当時、横浜ベイスターズ(現DeNA)の全体練習は13時半には終えていた。開始が10時だから、わずか3時間半である。

 いや、私だって、それで十分だとは思っていなかった。狙いは2つ。ひとつは、こちらから強制するような練習をさせたくなかった。もともと、「プロには教えられてうまくなった選手はほとんどいない」が持論。自分で考え、工夫し、汗を流してこそ、努力は血となり肉となる。やらされたことは身につかないと思っているから、当時のコーチにも「練習を強制するのは厳禁。ただし、選手の方から『見てください』と言ってきた場合には、居残り練習でも夜間練習でも、相手の気の済むまで付き合ってやって欲しい」と伝えていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    横浜市IR誘致表明で始まる“菅長官vsヤクザ”の仁義なき戦い

  2. 2

    強烈ジョークでNHKを慌てさせた 香取慎吾の気になる今後

  3. 3

    キムタク「抱かれたくない男」1位にTV局が高笑いのワケ

  4. 4

    中居正広が五輪キャスター争奪戦で“売れ残り”の大ピンチ

  5. 5

    吉本批判でも24時間ランナー 近藤春菜にあがる“怨嗟の声”

  6. 6

    全て思惑通り…N国の立花党首にマスコミは利用されている

  7. 7

    U18の“二枚看板” 大船渡・佐々木と星陵・奥川に数々の不安

  8. 8

    マツコ「元SMAP共演拒否発言」騒動にTVマン拍手喝采の訳

  9. 9

    「カジノではなくF1とディズニーを」“ハマのドン”が激怒

  10. 10

    泥沼の日韓対立 この政権が続く限り解決は不可能<上>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る