打撃練習再開へ 日ハム清宮に懸念される周囲の過剰な期待

公開日: 更新日:

 じらされればじらされるほど、それがどんなものか、知りたくもなるし、見たくもなるのが人情だろう。

 米アリゾナの一軍キャンプに帯同しているものの、日本時間9日の第2クール最終日までバットを握ってすらいない清宮幸太郎(18=早実)の打撃がいったいどんなものなのか、チーム内の期待は日増しに膨らんでいる。

 アリゾナでフリー打撃を行うかは未定だが、同11日の第3クール初日にも打撃練習を再開する予定。すでに対外試合でのデビューも内定している。

 栗山監督は清宮に対して「いつでも振れるから心配するな」と話していて、「打つ方は慌てる必要はない。打ち始めれば驚くようなものを見せてくれるはず」と期待を寄せる。キャプテンの中田は「守備に関しては意欲をもってやっていますし、何の問題もない」とした上で、「この時期にバットをまったく振れていない。一番本人が慌てていると思うし、ちょっと遅いスタートかなとも思う。チームとしても個人的にも早く打撃を見たい」と話している。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  7. 7

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    最低12.0%で最高39.7% NHK大河ドラマの全話平均視聴率

もっと見る