ジャンプを研究し真似 ヘルツルは高梨沙羅の“コピー選手”

公開日:

 W杯未勝利だが、愛くるしい笑顔は金メダル級だ。

 ジュニアの世界選手権では表彰台の常連。14年、15年個人銅、16年個人金、団体銀。W杯デビューは12年。13年の世界選手権は、故障したダニエラ・イラシュコ・シュトルツ(34)の代役で出場し、個人9位。新種目の混合団体は銀メダル獲得に貢献した。1月のW杯蔵王大会で過去最高の2位。日本とは相性がよく、15年札幌大会でも3位に入り、これがW杯初の表彰台だった。

 母国の女子ジャンプは、ソチ五輪銀メダルのシュトルツが第一人者だが、若手トップはこのヘルツル。身長が153センチで高梨沙羅(152センチ)と背格好が似ていることから、コーチ陣は勝ちまくっていた当時の高梨のジャンプを研究し、真似させたことがあった。

 五輪は前回のソチに続いて2度目。まさかの表彰台に立てば人気者になることは間違いないのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  4. 4

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  5. 5

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る